太陽光発電システムの発電効率を大きく左右するしくみとして、ソーラーパネルの種類が上げられます。
また、ソーラーパネルを設置する際は、屋根のタイプや広さにより、発電効率を高めてくれるソーラーパネルの種類が変わってきます。
ソーラーパネルの中では最も古くから使用されている単結晶シリコン型は、発電効率は高いけど、高純度シリコンの利用量が多いです。
そのため、生産に必要なエネルギーやコストが多くなるので、販売価格が高めに設定されています。

ちなみに、近年では単結晶シリコン型以外のソーラーパネルでも発電効率が向上してきたため、多結晶シリコン型やアモルファスシリコン型などへの移行が進んできています。
それでも、現在において発電効率の高さから多くのメーカーが取り扱っているソーラーパネルになります。
多結晶シリコン型のソーラーパネルは、単結晶シリコン型と比べると面積あたりの発電効率は劣ります。

しかし、単結晶シリコン型より生産に必要となるエネルギーやコストが少なくて済むので、販売価格が安くなっています。
なので、価格と性能のバランスの良さから、太陽電池モジュールの主流になりつつあります。
アモルファスシリコン型のソーラーパネルは、結晶シリコンと比較すると高温時でも発電効率が落ちにくいです。
薄膜シリコン型に分類されていて、生産に必要なシリコン原料が少ないので、コスト面でも結晶シリコンより優れています。
しかし、いくらソーラーパネルを発電効率と価格だけで比較しても、肝心の太陽光発電システムの発電効率は、ソーラーパネル以外の装置の性能にも左右されるしくみになっています。

太陽光発電について、私はここを参考にしました⇒太陽光発電 しくみ

関連記事


    太陽光発電におけるソーラーパネル設置の際にはもちろん実際にソーラーパネル購入の金額だけでは発電までの状態にすることは不可能です。 実際に大がかりなものでは平均的にパネルという部分がしめる経費としては約…


    今現在太陽光発電に関心を持っている人も多いと思います。 ですが、実際に太陽光発電を導入するかどうかは迷っている人も多いと思います。 それはどうしてかというと、実際に家に太陽光発電を導入しても今後太陽光…