やっと暖かくなって、分厚い上着を脱いで薄着のおしゃれが楽しめる季節になりましたね!
ポカポカと過ごしやすい陽気になって気になることといえば紫外線ですよね…
紫外線は日焼けだけじゃなくて、後々シミやシワなどの原因になるので気をつけたいところ。
みなさんは日焼け止めを購入するとき何を基準にしていますか?多くのひとがSPF値が高いものを選んでいるのではないでしょうか、ですがそもそもSPFとはなんなのでしょう?
これはシミ・ソバカスなどの原因になる紫外線B波(UVB)を防ぐものです。
表示されている数値は、日差しや紫外線の強さに対抗する値ではなく、日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばせるか?という目安なんです。
なので、アウトドアや海に行く時は必ずSPFの高いものじゃないと!ということではないんです。
ただ、外にお出かけする時にはこまめに塗り直すことが難しい場合もあるのでSPF値の高いものが有効だということです。
その横に表示されているPAとは、しわやたるみら皮膚が黒くなる原因になる紫外線A波(UVA)を防止する効果を示すもので、+、++、+++、++++の順に強くなっています。
紫外線A波は、皮膚の深くに入り込むので時間をかけてしわやたるみとしてあらわれる恐ろしいヤツなんです。
ですが日常生活では++くらいで充分防げるので、数値が低いものをこまめに塗り直す方がお肌への負担が少なくて済むのでいいでしょう。
こちらも参考にしてください。⇒日焼け止め SPF

関連記事